045-577-5377

最新記事詳細

iPhoneの液晶を守れ!

2018.12.07

 

iPhoneの液晶を守るためにはどうしたらいいのか、もし割れてしまったらどうすればいいのか解説します。

iPhoneの液晶は割れやすいものです。この割れを起こさないためにはどのように画面を守ったらいいでしょうか。その方法と、割れてしまった場合の対処法を紹介します。

スマートフォンの普及とともに、液晶画面の割れという故障原因が圧倒的な増加を見せています。iPhoneの液晶は割れやすく、割れた状態での使用をみかけます。

しかし、この割れたままの状態では、割れの進行や、割れ部分からの水没、破片による怪我など様々な問題が起こる可能性があります。

では、iPhoneの液晶画面を守るためにはどうしたらいいでしょうか。

■液晶を守るには?
iPhoneの液晶を守るためには、iPhoneカバーを装着するという方法がありますが、これでは不十分です。一番の防御方法は、画面へのフィルム装着です。

このフィルムは、保護フィルムとガラスフィルムがあります。どちらも、直接画面へ着けて衝撃で割れることを防ぎます。

しかし、保護フィルムは大きな衝撃では割れを防ぎきれないという弱点があります。ガラスフィルムは厚みがあるため、タッチパネルの反応が悪くなる傾向があり、操作に支障が出る場合があるという弱点があります。

このように、液晶画面を守る方法でも守りきれなかったりする場合があるのです。では、割れてしまったらどうしたらいいでしょうか。

■割れた時の対処法
まず、iPhoneの正規保険への加入の有無で対処法は変わります。保険加入であれば、迷うことなく正規店へ修理に出しましょう。それでなければ、保険料を払っている意味がありませんからね。

次に未加入である場合は、データの初期化をして良く、修理金額を気にしない場合は正規店での修理です。しかし、データの初期化や修理金額、純正パーツでなくても気にしない場合の1つでも当てはまるなら、非正規店での修理、もしくは個人で自己修理をおこなうことをすすめます。

iPhoneの液晶までの割れや故障が起こっていなければ、非正規店での修理が良いでしょう。この割れパネルを買い取ってくれるため、修理金額が安くなる場合があります。

このiPhoneの液晶を個人で仕入れる場合は、パーツ販売をおこなっている卸屋からの購入をおすすめします。国内の卸屋のショップであれば、安心して購入できるからです。

■まとめ
iPhoneの液晶を守るためには、保護フィルムを使用することが必要ですがそれでも守れない場合があります。割れてしまったら、それぞれにあった方法で修理を早めにおこなうようにしましょう。

一覧へ戻る