045-577-5377

最新記事詳細

アップルの戦略に負けるな!!買い替えは今じゃない!!

2019.02.15

保証切れiPhoneの所有者への買い替えを促す動きがあったアップルとユーザーがとるべき対応を解説します。

買い替えを促すように支持を店舗スタッフに支持したといわれているアップル社、この背景と私達がとるべき対応を簡単に解説します。

 

 

買い替え頻度が年々落ちているiPhoneは、新機種を発売しても購入数が伸びず業績不振となっている状況です。

 

このことから、アップルは店舗スタッフなどに買い替えを促すために特に保証期間が切れたiPhone所有者へは力を入れて買い替えを促しているといいます。

 

しかし、良く考えてください。本体の価格は超高額で、年々その高額な金額を更新しているほど高い買い物となっているiPhoneを簡単に買い替えることなどできますか?

 

魅力的な新しいiPhoneや革新的な機能やデザインの変化が起こった場合など購入意欲が湧く商品は、高額であっても買い替えたいと思うユーザーは多くなるはずです。しかし、現在買い替えがされなくなっている状態をみると、高額なお金を支払ってまでも買い替えたいiPhoneではないということでしょう。

 

そんな時は、保証が切れたからといって買い替えに乗せられてはいけません。

 

保証が切れても安く故障の修理をおこなえるのです。それは、自己修理です。修理をする時間は取られますが、確実に安くかつデータを残して修理が可能です。

 

iPhoneパーツ卸専門店リンクサスでは、修理用の質の良いコピーパネルの仕入れや、少し変わった再生液晶パネルという半純正製品、バッテリー販売やその他パーツなどの部品販売を価格を安くおこなっています。

 

卸から購入するパーツ代金のみで故障に対応できるため、買い替えの必要はありません。本当に買い替えたいと思う革新的なiPhoneの発売がされるまで、大切に現在のiPhoneを使用していく方が賢明です。

一覧へ戻る