045-577-5377

最新記事詳細

総務省がテコ入れか?!中古スマホが普及する日

2019.02.05

総務省が中古スマホ販売を国内で普及させていく方針であることとユーザーの対応を解説します。

中古市場でのスマホの需要が多くならない中で、総務省がこの実態把握に乗り出しました。予想される今後とユーザーの取るべき対応を解説します。

 

みなさんは、今後日本では携帯本体の金額と通信費切り離されていく、完全分離プランへと移行していくのをご存じでしょうか。

これは、携帯本体の割引がなくなるということになり、通常の高価な価格での購入を余儀なくされていくのです。

高額な買い物となる本体の買い替えはかなりハードルが上がるようになります。そのため、総務省は中古のスマホに注目し、現在下取りされたスマホの実態調査に乗り出しました。

 

高額な本体の購入ができなくなるユーザーが増えるため、中古での購入ができるように進めていく方針のようです。

 

では、私たちユーザーはどのように対処していくべきでしょうか。iPhoneは特に現在MO

高額となっており、これを定価で購入するのはかなり大変なことになります。

 

私たちユーザーはたびたび買い替えることを気軽におこなえなくなりますので、自身のiPhoneは自身でメンテナンスし日々大切に使用していく必要が出てきます。

 

そのためには、iPhoneパーツ卸専門店リンクサスのようなパーツ購入ができる卸を1つ見つけておくことが良いでしょう。液晶の故障が起これば、卸には良質なコピーパネルや再生液晶パネルが販売されています。

 

バッテリーの劣化も価格を抑えて販売していますので、自身で購入交換が可能です。このように、iPhoneパーツ卸専門店リンクサスの 部品販売などをうまく利用し、長く大切に使用していくことを検討していく必要があります。

一覧へ戻る