045-577-5377

最新記事詳細

iPhoneの本体も修理費も高い!!でもiPhoneがいい!!

2019.01.04

 

iPhoneが高額な理由と修理と費用を抑える方法について解説します。

 

iPhoneは年々価格が高騰しており、今年発売されたiPhoneの価格は高く購入に足踏みをしてしまいます。この価格高騰の背景と、故障時買い替えず修理する場合について解説します。

 

現在発売されている最新機種のiPhoneをはじめ、ここ最近発売されているiPhoneは本体価格が高いと思いませんか?それもそのはずです。

 

手の中の収まりがいいことで根強いファンが多いiPhone5SEの価格から比べると圧倒的に価格が値上がりしているのです。

 

もちろん、画質やカメラの性能をはじめ、多くの機能が追加されたり大きさが大きくなったことも要因の一つですが、アップルの経営戦略の方向転換があったことにより価格が上がったことも理由の一つといわれています。

 

それは、購入する客層のターゲットを先進国への販売を目的にしているのです。そのため、販売数よりも売り上げ額を重視した形となっています。

 

■それでも買うiPhone

私たちは、iPhoneが高くても買い替えの際にまたiPhoneを選んでしまいます。使い慣れたiPhoneでバックアップもとれているし、スマートフォンをアンドロイドにするのはためらってしまいます。

 

そんなiPhoneが故障してしまったらどうでしょうか。高額な値段で購入したものを、修理にまた高額な値段をかけなければならないなんてお金に羽が生えたように飛んでいきます。

 

では、どうしたらいいでしょうか。

 

■修理は自己修理が格安

iPhoneの故障の可能性のために保険料を毎月払っても修理費が発生し、無保険の正規店での修理は高額となります。そんなときこそ、自己修理が最も安く修理ができます。

 

自己修理の際のiPhoneパーツの仕入れ先は、部品販売をおこなっている卸などからの購入が最安値となります。

 

iPhoneのコピーパネルや、バッテリー販売だけでなく、各種部品販売から特殊な再生液晶パネルの販売まで多くのパーツを販売しているため、価格も安くさまざまな種類の中から購入することができます。

 

自己修理である場合、修理費はバッテリーであれば本体価格のみ、パーツの購入金額のみでの交換や修理が可能となりお財布にやさしいです。

 

■まとめ

iPhoneは購入時の本体価格が高いです。この価格は今後値下がりしそうな気配はありません。高い買い物を何度もすることはお財布に厳しい状況となります。故障が起きてしまったら、自己修理をして、パーツの仕入れのみで修理をしてみるのがいいでしょう。

 

iPhoneの部品販売は、バッテリー販売やコピーパネルの他にも液晶を再利用した再生液晶パネルという種類のパーツなど様々な種類を自身で選択して安く購入、交換が可能となり、お財布にも優しい方法です。

一覧へ戻る