045-577-5377

最新記事詳細

iPhoneの液晶まで破損!買取できない?

2018.12.07

iPhoneの液晶面までも破損してしまうほどの損傷品の買取はしてもらえないのか、その他の重傷iPhoneの買取の有無について解説します。

iPhoneの画面割れの買取条件に液晶面の破損がないことでした。では、この液晶面までも破損してしまった重症iPhoneはもう買取ってはもらえないのでしょうか?その他の重傷破損の買取の有無、買取以外の方法も合わせて紹介します。

iPhoneの画面割れという破損はよくある故障案件です。そのため、割れ画面の修理を中心とした非正規修理店の乱立が目立ちます。それだけ、需要があるということですね。

そんな中で、割れパネルの買取がおこなわれ、再生パネルとしてリサイクルされる時代へと変化しています。しかし、この買取条件としては、液晶面の損傷がないことが条件でした。

では、液晶面までも破損してしまうほどの重症iPhoneはどうしたらいいでしょうか。

■液晶面の破損は買取できない?
パネルの買取という観点からは買取はやはり不可能です。液晶面の利用のために買取をしている背景からも今後買い取られる見込みはありません。

しかし、買取を本体全体の買取としてみた場合は、ジャンク品でも高価買取が期待できます。

■その他の重症iPhoneの買取について
買取価格が付かないのではないかといわれている水没や、電源が入らないものの買取は基本的な買取店では買取不可となります。しかし、ネット上ではこのようなジャンク品でも買取をおこなう買取店はあります。

ぜひ、ゴミとなって終わらせず、一度査定に出してみるのもいいでしょう。

■ジャンク品の買取はなぜおこなわれるのか
このジャンク品からは、iPhoneの純正パーツが取りだせるのです。このパーツは、もちろん損傷がない部分に限定されますが、確実にパーツをいくつも取り出して、再利用することができる価値があるものなのです。

このことから、ジャンク品であっても今では買取をおこなう業者が出てきているのです。

■液晶面の破損だけなら、買取をあきらめてパネル交換という手も。
上記では、本体ごとの買取を紹介しましたが、水没や起動不可といったiPhoneとは違い、パネルの交換金額で修理はすむことが多い液晶の損傷です。

そのため、まだ支払も終わっていない、買ったばかりという場合は、パネルの買取はあきらめ、非正規店での交換か、自己修理をおこなうのも手です。買取される割れパネルと行程も交換作業すべて同じです。自己修理であれば卸屋から購入した金額は変わらず修理できます。

ただ、非正規店ではパネルの買取ができないため修理費用が通常よりも加算されることがあります。

■まとめ
実は、重症な損傷iPhoneでも買取する業者はあります。液晶面の損傷パネルは本体ごとの買取であれば買取されます。しかし、まだ新しいものである場合などは、自己修理であれば、購入金額だけなので金額が変わることなく修理が可能です。

一覧へ戻る