045-577-5377

最新記事詳細

iPhoneのコピーパネルって品質が悪い?!

2018.12.07

iPhoneのコピーパネルの品質や、印象が悪い理由、実際はそうではないことを解説します。

iPhoneのコピーパネルの印象や、品質をイメージするとあまり良くないイメージをもたれる方が多い理由の背景、実際の品質やコピー品の利点をわかりやすく解説します。

みなさんは、「コピー品」と聞くとどのようなイメージをしますか?私たちの中で、コピー品という言葉の印象は「とても悪い物」や、「違法なもの」など悪いイメージが多いのではないでしょうか。

この理由として、世界的高級ブランドのバッグや服といった商品をまねて、同じブランドの柄やマークを使いこれがあたかも高級ブランドのものであるかのように販売しているという違法商品の販売と結びつく言葉だからといえます。

この商品もニュースなどで「違法コピー商品」として紹介されていますから、コピー品に対するイメージが悪くなるのは当然です。

ここからは、実際に修理などで使用・販売されているコピーパネルについてみていきましょう。

■iPhoneのコピーパネルは質が悪い?
いいえ。そんなことはありません。実際に品質の悪い粗悪品を出荷する海外工場も事実として存在はしています。

しかし、基本的に日本の卸屋が厳選し選んだ海外工場からのコピーパネルは、同じサイズで同じ解析度をほこる商品です。

同じサイズや解析度であっても、純正品とは別の商品であると捉えたほうがいいです。修理・交換のための交換用部品といえます。

■コピーパネルの利点
利点は、やはり価格です。純正品や日本国内企業が生産・販売している再生液晶パネルと比較すると、場合によっては半額以下での購入が可能です。

そのため、非正規修理店であれば仕入れの値段を抑えることができます。仕入れコストを抑えることができると、私たち利用者が支払う金額も低価格で利用することができます。

個人で修理をおこなうために購入する場合も、どの商品よりも価格を抑えて購入することができます。

■注意点
はじめにお話しした通り、すべてのコピーパネルが良い商品ではないのも事実です。価格競争が激化する中で、安さばかりを追求し、品質を落としたコピーパネルを販売する海外企業もいます。

つまり、安すぎるコピーパネルの仕入れは、品質も悪いコピーパネルであるといっていいでしょう。そのため、安さばかりを追求し、他社と比べた時に明らかに安すぎるものの仕入れ・購入は避けるべきです。

交換当初は問題なく使用できたとしても、すぐになんらかの不具合が生じ、仕入れした・使用した修理店の評判を落とす結果になります。個人での修理で使用した場合、さらなる購入・修理が必要になってしまい結果修理の金額が高くなってしまいます。

■まとめ
iPhoneのコピーパネルは、コピー品という言葉の印象が悪いこと、実際粗悪品を販売する業者が存在することからイメージが悪いものとなってしまっています。ちゃんとした工場を選択し仕入れをおこなっていれば、品質も問題なく安く仕入れもおこなえる利点のある商品です。

一覧へ戻る