045-577-5377

最新記事詳細

iPhoneの再生液晶パネルの仕入れ方法とは?

2018.12.07

iPhone再生液晶パネルを仕入れる方法を再生液晶パネルの説明とともに解説します。

iPhoneの再生液晶パネルというものを聞いたことがあるけれど、仕入れはどこからおこなえるのでしょうか。一般に販売もされているのか、仕入れ方法と、再生液晶パネルについて簡単に説明します。

 

iPhoneは、世界中で使用され根強い人気を誇るスマートフォンです。そんなiPhoneだけではありませんが、スマートフォンの最大の欠点として画面が割れやすいということです。

この画面割れの故障は、iPhone以外のスマートフォンでは操作もできなくなってしまうことが多く、すぐに修理対象となります。しかし、iPhoneはガラス面だけの割れの場合はそのまま使用できることが多く、割れたまま使用している方をよく見かけます。

割れたまま使用することは、故障のさらなる拡大につながりますし、なにより見た目がよくありません。割れたまま使用していると、雑な人なのかな?修理しないめんどうくさがり?と思われてしまうかもしれません。

修理に出すことをためらっている理由はなんでしょうか。正規店の修理で初期化されてしまうこと、正規店での修理費の高額、非正規店での純正ではないパーツへの交換への躊躇と理由は様々でしょう。

再生液晶パネルであれば、このような躊躇する理由を解消する商品といえます。再生液晶パネルとはどのようなものか見ていきましょう。

■iPhone再生液晶パネルとはどんなもの?
純正の割れパネルを買い取りし、ここから液晶面を取り出します。iPhoneは4層構造になっているので、丁寧に割れたガラスをはがします。そして、この取り除いたガラス面に新たな非正規パーツのガラスを乗せ専用機械でプレスし完成するのが、再生液晶パネルです。

つまり、再生液晶パネルとは半分純正のパーツを使用したハイブリット商品といえます。この画面のパーツとして一番重要といえるのが、液晶面です。ここが純正であることは、使用や、画面の色などに問題が起きにくく純正パーツとほぼ変わらないものとなります。

この再生液晶パネルへの修理は、非正規店で取扱いをおこなっている店か、個人修理で購入して修理するかでこのパーツへと交換が可能です。

再生液晶パネルの金額も、正規店の保険なしの修理と比べれば安くなりますし、データも消えることはありません。そしてなにより、安心して使用できるパーツです。

■仕入れ方法は?
仕入れ先は、この再生液晶パネルを製造している会社からの購入となります。この製造している会社は、日本国内の会社ですので安心して取引がおこなえます。

個人で購入する場合は、インターネット上で販売されていますので、修理キットとともに販売しているパーツの卸屋などからの購入をするといいでしょう。

■まとめ
iPhoneの再生液晶パネルは性能も良く、日本国内で製造されている安心なパーツです。仕入れる方法としては、業者間であれば、製造会社との取引、個人であれば、パーツを製造業者から購入販売している卸屋のインターネットショップからの購入がおすすめです。

一覧へ戻る